幸せなカップル
  • ホーム
  • 勉強会、セミナーって知ってる?

勉強会、セミナーって知ってる?

勉強会という言葉が聞かれますがこれは企業の内部で他の部署との連携を深めるとか新たなスキルを身に付けることを目的として行われることが多いとされています。

勉強会はただ漠然と行われることはなく、その都度何について行われるのか、講師を誰が務めるのか、業務時間内なのかそれとも、業務終了後に行われるのかが事前に告知されるのが普通です。
従って勉強会の目的やテーマを決めることは重要であり、時には対象者を絞って設定することもありますが、反対に幅広い層へ呼びかける場合もあり、その際には普段の仕事で役立つテーマを選択することになります。

参加が多く見込まれる日を選ぶ必要があり候補として3日ぐらい挙げておくのが良いと言われています。
一般には社内で行われるものですがレンタルスペースを借りる場合はアクセスの良いところへ予約を入れることも要求されます。
ボードやプロジェクターを用意する場合もあるため、段取りを組んでおく必要があります。
告知にはメールを利用したり事前に声掛けを行うことになりますが、このような共通した機会を持つことで人生において向上心が養われ人材が育つとも言われています。

セミナーは別名ドイツ語でゼミナールとも呼ばれています。
一方これを短縮化されたものにゼミと呼ばれる言葉があり、こちらは大学などで少人数の学生が教授のところに集合して研究発表とか討論や演習を行うものです。

ビジネスでのセミナーは参加者は20人から30人程の規模のものであり、著名人や専門家を招いて話を聞くというスタイルがとられるものを指すことが多く、講演会はそれよりも大きな規模のものを言います。
セミナーはあまり専門的な知識は要求されず話題になっていることをテーマにしたり、興味や関心の持たれやすいものをとりあげることで一般の人たちもアプローチし易いというメリットがあり、その機会を利用して時には商品販売に結び付けられることもあって見込み客の獲得に繋がるものもあるとされています。

せっかく会場に足を運んでもらって行うので話される内容がどこでも手に入る情報では不足で、とっておきの貴重な情報やその時期の旬な情報を含ませるなど変化を持たせなければ関心を持ってもらえないものになります。
その為、実績をある程度積んだ担当者でないと難しくなります。
その点分野において著名な人であれば多く集客できることになります。

そして会場もアクセスし易くて居心地の良いところが求められますのでマイクや夏場・冬場はエアコン設備などのきいた環境も求められます。
一人も来なかったということにならない為にはネットで告知を行うことは勿論のこと、顧客リストなどから直接出欠を事前に把握しておくことも大切になります。
これらに参加することで、共通する話題をきっかけに他の人との出会いがあったり興味が増したり、ビジネスに対する向上心から人が変わる機会にもなると言われています。

関連記事